安く手堅い利益をゲットできるメガソーラー|誰でもできる駐車場経営

男性

太陽光発電施設の増加

太陽光

各地で大規模施設が建設

東日本大震災後、政府では自然エネルギーを増やす目的で太陽光発電の売電価格を高めに設定をするようにしました。その結果、メガソーラーを運営するメリットが大きくなり、新規参入会社が多くなった経緯があります。全国各地では工場跡地や耕作放棄地などを活用して、大規模な太陽光発電施設であるメガソーラーが続々と建設されていきました。しかし、メガソーラーが急激に設置をする所が増えたために、電力会社ではすべての電力を引き受けることができなくなる事態が起こってきています。そのため、電力会社によっては、新たなメガソーラーからの電力供給をストップするといった措置が取られています。そのような事態が起こったことで、一時的にメガソーラーの建設が鈍るようになっています。しかし、将来的にはメガソーラーの建設は通常の状態に戻ることが期待されます。

太陽光発電の特徴

メガソーラーでは多くの太陽光パネルを設置して発電を行っています。近年では発電効率の高い太陽光パネルが開発されるようになり、以前よりも発電効率が高まっている状況が出ています。また、施設によっては太陽の方角に自動的に太陽光パネルを向けるシステムを導入しているところも存在しています。そうした工夫によって、より多くの売電収入を得ることが可能です。しかし、太陽光による発電は依然として不安定な供給量となっている特徴があります。晴れや雨などの天候によって発電量が大きく左右されることになります。しかしながら、将来的にはスマートグリットを導入することで電力を上手くコントロールして、太陽光による発電を今より有効に使える時代が来る可能性があると考えます。